忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   
カテゴリー「アイドルマスター」の記事一覧

アイドルマスター2(4)

DLC曲に愛着が持てなくてL4U止めた私としては、
その辺の曲が中心になってるアイマス2でも
やっぱり持ち曲に愛着が持てなくて困ってます。

曲が悪いわけじゃないんだよな。
曲に思い入れがないだけなんだよな。

だからアイマス2が初代アイマスくらい魅力的なら
いずれアイマス2の曲も好きになるだろうけど…。

どうなることやら。


・2ndユニット結成

次が千早リーダーなのも決定済み。

しかし千早はソロのイメージしかないんだよな…。
トリオなら無敵艦隊だけど、今回二人ともいねえしw

とりあえず残り5人から千早の相手を選ぶなら
真と雪歩が無難かな。四条さんはもう使っちゃったので。

ユニット名は"SHION"。

きっこっえるーが元ネタであることは当然として、
それに加えてmass effect2のシオンも意識してます。

千早の肉体をベースに残り二人のソースを
加えて生み出された超生命体シオン。

ME2をやってるかやってないかで
印象が180度変わりそうなユニット名だw


・~VS竜宮小町1戦目

ん、衣装以外に資金も持ち越しされるのか。

資金持ち越し可能なら最初の30週は延々と
15000マニー使う営業だけ選んでればいいような…。

ファン9000入るイベントは終盤戦まで
15000マニー営業以外にはないからね。

金の力にものを言わせてごり押し営業するのは
個人的には非常にアイドル育成っぽくて良いw


28週目までは基本的にオーデ受ける必要なさそうだけど
一応全員のバースト確認するために1回オーデ受験。

千早のバーストは全部Voだったら面白かったのにw
まあVo6回とVo偏重バーストではあったんですけど。

そして真がバランス型だったのが意外だった。
Da4Vo3Vi3と一応Da型なもののバランス型。

響がDa6回のDa偏重バーストだったことを考えると、
アイマスDa最強は真→響になってしまったんですね。

響がDa最強と言うのはちょっと違和感がある…。


竜宮小町1戦目は改めて観察してみるとそこまで強くないな。
思い出数もアピール力もラスボスと同等レベルの気がする。

まあこの時点でラスボスレベルの相手が出てきたら
ほぼ確実に負けることは間違いないんですけどw

ただアイマスSPのようなインチキ臭い手で
無理やり負けにさせられることはないので、
もしかしたら勝てる相手なのかもしれません。

冬馬1戦目で勝っちゃうと話の展開が大幅に変わるけど、
小町1戦目で勝ってもそこまで展開は変わらないからな。


・~VS竜宮小町2戦目

2ndユニットは全員で発光し始めたw後に
常時フィーバー状態で安定するようになりました。

朝の挨拶で指名したアイドルが変なこと言った場合は
必ず反論して他の二人の好感度を上げておくことと、
夜のクイズ(?)は失敗してもいいから必ず選ぶこと。

この2点さえ意識してれば選択肢失敗し続けても
その内フィーバー固定状態になるみたいだ。

常にフィーバーってのはあまり面白くはないんですけどねw
喧嘩したりギスギスしてる方が見てる方としては面白い。

そういや説明書に乗ってるユニット状態の内
どん引き状態はまだ1回も経験したことがないな。

想像するとこれも結構面白そうなのに。


小町2戦目は正直レイプにしかならなくて可哀想。

そしてこの後冬馬さんにもボコられて心が折れて
最後まで1曲しか出さずにフェードアウトだもんな…。

プレイヤーキャラとして使えない云々は置いといても、
この扱いはあまりにも無情ではないかと思います。

最後の方でもう1曲リリースさせて、80万程度売り上げて
20位以内にランクインさせてあげてもいいだろうに。


・~VS天ヶ瀬冬馬1戦目

今作は成長限界の3分の2越えたくらいでLv16になるし
Lv16の名称がアイドル神じゃないからLv17以降もあるかと
思えるけど、やっぱりLv16が最高ってことでいいんだろうか。

成長限界まで鍛えたらもう一段階上がる可能性もあるか?

しかし今作のレッスンはパーフェクトしか出ないから
逆に言うとどんなに頑張っても一定の成果しか出ない。

それでいて30週までレッスン漬けしても
成長限界までまだまだ先は長いからきついよな。


冬馬1戦目はやはり狂ってる強さw

何なんだあの大量の思い出は。
961の社長とそんなに沢山の思い出が(ry

と言うか"冬馬"と戦うのは実はこの1戦だけで
残り2戦はジュピターとして戦うんだよな。

残り2戦のジュピターはそこまで強くないから、
冬馬はソロの方が強かったんじゃないだろうかw

私から見てもジュピターの残り二人には魅力感じないし。
PR

アイドルマスター2(3)

君を見失う…Alice…

前々から言ってるけど本気で男性アイドル版
アイドルマスターを作ってもらいたくなってきたw

絶対面白くなると思うんだけどなぁ。

コナミさんとかならやってくれる可能性はあるけど
バンナムにそこまで期待するのは無理なのかな。


・~天ヶ瀬冬馬(ジュピター)2戦目

険悪な時期を脱出したかと思ったら、今度は延々と
三人でくるくる回るユニットになってしまったw

なんでVoユニットなのにDaのノリになったんだろう…。

IAノミネート会場で冬馬と残り二人からなる
男性ユニットジュピターが発表されて、
以降はジュピターがライバルユニットになります。

ジュピターとの2戦目は途中で春香が倒れてまたも勝負なし。


・~天ヶ瀬冬馬(ジュピター)3戦目

冬馬さんがツンデレすぎて吹く。
それと律子が美味しい所持っていきすぎ。

55週目(最終週)にジュピターとの最後の決戦です。

フェスでの一対一の対戦って、対戦の仕様上
大抵の場合はどちらかが圧勝して終わるんですけど。

32000対31000とかすごくいい勝負になって吹いた。

アピール力は糞高いけど思い出やバーストが弱めと言う
ジュピターに合った能力にしてあるんでしょうね。


・IA大賞受賞

と言うことでIA大賞を無事に受賞。
部門賞はひとつたりとも取れなかったけどな!

だって歌姫フェスどう頑張っても勝てないんだもんw
ジュピターより断然強いだろシャドーの皆さん。

部門賞を取れなかったことにぐちぐち言われたり
あんまりユニットの仲よくなかったですとぶっちゃけられたり
酷い評価をされたけど一応GOODエンドで…いいんだよね?

最終評価に巻き戻り回数0でSと言うのがあったので、
今作も救済措置として週巻き戻りがあるのかな?


・エンディング

IA大賞受賞のご褒美としてハリウッドに
留学することになったプロデューサー。

より自身の能力を高めて戻ってくることを約束して、
春香に別れを告げプロデューサーは海外に旅立ちます。

アイマス1は最後にPが去るからこそ名作なんだけど、
別にアイマス2までその方針に従うことはないと思った。

と言うかPが去れば良いってもんじゃないだろ…。

1年後に戻ってくるからそれまで我慢してろ、
と言うのは少女漫画的障害にしかすぎないわけで。

春香が自分の意志でどうするか決めると言う
自立を促す側面が殆どなかったのが残念です。

Pと春香が作った3人のユニットを守ると言うのは
Pから自立してるようで全然自立してないからな…。


まあと言うことで初回プレイ終了。
最終ファン数は50万人くらいだったかな。

今作は今までのアイマスとは違ってアイマス2だから
プレイ日記も今までのお約束には従わずに書きましたけど。

ユニット最終段階のステータス画像くらいは
取っておけば良かったかなと今更ながら後悔。

しかしスタッフロール眺めてて思ったけど、
今作一番の改悪はIdolm@sterに思えて仕方ないw

2ndmixとか単なる普通のトランスやん…。

この曲に魅力持てないとアイマス自体が楽しめなくなるな。

アイドルマスター2(2)

MGC閉鎖にはちょっと驚いた。

日本の箱360に関してはもう終わってるけどw
海外はまだ箱360も頑張ってるんだよね?

MGC(と言うコンテンツ)を欲しがる人は結構いそうだよな。

私が実績集めてる理由はランキングの為ではないので、
別にMGCが閉鎖されても何の問題も無いんだけど
ゲーマーカードとか使えなくなるのが多少困るな。

まあMGCが他の人の手で復活するなり
MGCのような別のサイトができたり
するだろうから少し待ってればどうにかなるだろ。


・初ユニット

と言うことでアイマス2のプレイ開始。

最初に選ぶのはもちろん春香さん。
ユニット名はもちろんさらさ。

と思ってたら…今作ってトリオ限定なんだね。
最初は春香ソロの予定だったのに…どうしようかな。

少し考えて四条さんと沖縄さんを加えることに。
ユニット名はさらさ+2にしました。

+2とか残り2名のキャラに失礼すぎるなw


・~VS竜宮小町1戦目

今作はランクアップが存在しないから、
代わりにライバルとの対戦を一区切りにして
プレイ日記を書いていきたいと思います。

さらさ+2最初のライバルは律子率いる竜宮小町。

まあ適当に営業レッスンオーデを続けていると、
その内竜宮小町とフェスで決戦することになります。

と言ってもこれは負け戦。

どう考えても勝てない強さになってますw
何だよあのバーストアピール乱射は。

で、竜宮小町に負けて春香が自信喪失したりして
リーダーを変えるかどうかの決断を迫られたりと
色々ありつつもやはりリーダーは春香のままで。


今作はトリオ限定なのがプレイ前は微妙に思えたけど、
実際にプレイしてみると3人の掛け合いが面白すぎるので
この点に関してはプレイ中は全く気にならなくなりました。

喧嘩中とかのギスギスした雰囲気がたまんねえw

アイドルグループでみんななかよし状態なんてありえねえだろ
と最近のアイマスに不満を持っていた私みたいな人には
今作の殺伐とした空気が非常に楽しくて仕方ないです。

もちろん仲の良い時もそれはそれで面白い。


・~VS竜宮小町2戦目

引き続きレッスン営業オーデの繰り返し。

四条さんの営業が今の所3連続パフェだ。
四条さんはまさかの思い出貯蔵庫なんだろうか。

宇宙ヤバイとか言ってればそれだけで
好感持ってくれるからある意味楽だw

今作は時間経過?で営業オーデの内容が
高ランクになっていくのかな。

単純な時間経過なら、最初の20週くらいは
レッスンだけやるのが正解になるけど…。

県名当てクイズも口パククイズも最初の内は
どうかと思ったけど慣れたら別に気にならなくなってきた。


竜宮小町2戦目は普通に倒せる程度の相手です。

これで竜宮小町はフェードアウトしてしまうので、
完全な噛ませ犬扱いになって可哀想ですね。

しかし竜宮小町の3名は確かに酷い扱いだけど、
律子はプロデューサー業やってる方が魅力的なようなw

律子に関しては出番も多いし夢も叶ってるし
むしろ出世してるような気がしないこともない。


・~天ヶ瀬冬馬1戦目

そしてこれまた噂のw男性アイドルの登場です。

Alice or Guiltyが格好良すぎて吹いた。
つ・み・とーが抜けなくなって困る。

彼との初戦もやはり負け戦。

何だよその思い出の量wと言いたくなるレベルです。
ただ試合途中で雷が落ちて対戦自体は不成立に。


オーデに関してはバーストの仕様を理解しだしてから
色々と考えることが多くなって面白くなってきました。

キャラによってバースト中のアピールが異なる。

例えば響さんはバースト中Daアピールばっかりするから
バースト前にViとVoを集中的にアピールしておいて
Daの倍率を高めておくとバーストの威力が激増する。

春香は全体的に満遍なくアピールするから
バースト前に思い出一発撃っといて
倍率を平坦に高めておくのが一番だね。

とか色々と考えてくと結構奥が深いかも。


・IAノミネート

今回の目標はアイドルアカデミー大賞になります。

これにノミネートされる条件は36週目の
売り上げランキング20位以内であること。

まあ私はこの時点で既にミリオン達成の2位だったので
余程変なプレイしない限りは20位以内達成できるかと思います。

どうもいまいちCD売り上げの法則が掴めないんだけど…。

キープを狙うより全国オーデ連発して
全国の注目度高めた方が売上伸びないか?

どうでもいいけどサイネリアが地味に頑張ってて吹いた。

初期状態のランキングで1位だったのにも笑ったけど
新曲引っさげてもう一回出てきたのは予想外。

頑張ってるなぁ鈴木さんw

アイドルマスター2(1)

発売前から色々と話題になったアイマス2。

基本的にアイマスの話題を避けてる私でさえ
アイマスとは無関係なあちこちで目にするんだから
相当話題になったんでしょう。悪い意味で。

まあ私は他人の評価なんてどうでもいいので
普通にアイマスの続編としてアイマス2に接します。

今までに発売されたアイマスシリーズのゲームは全て
"ACアイマスのファンディスク"だと私は思ってきました。

ただ今回はナンバリング作品なわけです。
当然今までとは全く重みが異なるでしょう。

だから私もアイドルマスター2に関しては
ファンディスクではなくひとつのゲームとして
感想を書いていきたいと思います。

要するにつまらなかったら私も容赦なく叩くw


・初見

実際のプロデュース日記は次回から書くとして、
とりあえず軽くプレイしての感想を書いてみます。
(VS竜宮小町2回目(25週前後)までプレイしての感想)

全体的に流石はナンバリング、と呼べる作りですね。
システム面は良くも悪くもアイマス1とは全くの別物です。

前作の面影が残ってるのはビジュアルレッスンだけだw

アイマス1はACだからこそ面白いシステムだったので、
CSで同じことをやってもACの劣化に過ぎない。

CSで面白いアイドルマスターを作ろうとするなら
初代システムは捨て去るべきだとは私も感じていたから
この大幅なシステム変更は間違ってはいないと思います。


・営業

ランクアップやある日みたいなキャラ個別の
物語が進む営業イベントは今回無くなったのかな?

時々強制で挟まれるイベントがその代用なんだろうか。

資金が必要になった今作ではどちらかと言うと
金稼ぎのために選ぶコマンドになってます。

一応前作同様思い出を集めることもできるものの、
今作の思い出はそこまで必須なものではないような。


・レッスン

3個中2個が音ゲーってバランス悪いな…。

レッスンはもう少し数を増やした方が良かったかもしれません。
これだと苦手なレッスンに対する逃げ道が無くなってしまう。

まあ今までパーフェクトレッスンしか出たことがないくらい
簡単なレッスンだけだから別に逃げ道がなくても良いんだけど。

ViなんかゲージMAXで10秒近く余るから
その後何してればいいのか逆に困るレベル。


・オーディション

一番大きく変化したのがオーディションですね。

VoDaViの3種をアピールするのは変わりないものの、
今回は加算点数の合計で勝負することになります。

要するにアピール点を一番多く稼いだ人の勝ち。

同じアピールを続けると加算点が減っていくものの
前作のようにジェノで大幅減点されることもないので、
はっきり言ってしまうと単純な力押し勝負になります。

JAは前作と同じくらい判定広いから全パフェ余裕だし、
思い出もルーレットではないから確実にJA出せる。

完璧なプレイで実力限界のスコアを出すのは非常に簡単で、
後はそのスコアで相手に勝てるかどうかだけになるから
オーディション自体の戦術なんてものは皆無に等しいです。

フェスの方はオーデに比べたら複雑になるけど…。

ただフェスもどちらが先にバーストゲージ溜めきるか
勝負でしかないからやっぱり戦術性は皆無のような。

キャラによって育成方針やアクセ装備を変えられて
Da特化キャラとかバーストゲージ溜め特化キャラとかを
オーデ中に常時変更していけるなら面白くなりそうだ。

アイドルマスターDS(7)

3人クリアでストーリーに後日談が追加。

これでIUの伏線も無事に回収されたから、
全シナリオクリアってことでいいのかな?

アイマスは攻略サイト見る気が起きないからな…。

後日談は本当に後日談で、中身のある内容ではないので
特に触れずに終わらせたいと思います。

夢子のツンデレ化が進行しすぎててワラタ。
と言うか新生夢子をプロデュースしてみたいw

最後にプレイ後の感想を書いて終わりにしたいと思います。


・シナリオ

まずはシナリオ単品の感想を書きます。

アイドルマスターのテーマって、
アイドル活動を通しての少女(?)の成長
だと私個人は思ってるわけですけど。

そう言う意味では今回の三人は完璧にテーマに沿ってます。

今回の3人は、全員が自らのコンプレックスを
ラストシーンで盛大に破ってますからね。

愛=最終オーデで母を倒す
絵理=最後の叫び
涼=最終オーデ後の番組出演


コンプレックスを完全に克服したシーンが
全員ともランクA最後のイベントに入っているので、
ある意味アイマス本編よりもテーマに沿ってる気がします。

アイマス本編はランクC前後で解決しちゃって
ランクBAはいちゃいちゃするだけのキャラとかいますしね。

ただ逆に、あまりにも完璧すぎると言うか。

最後に綺麗に解決するのは物語としてはいいんだけど、
キャラゲーとしては良くも悪くもだと思います。

プロデューサー視点でしか見れないアイマス本編と違って、
今作はアイドル自身の心境が見えると言うのも大きいのかな。

アイドルとは偶像崇拝。

なんだけど、今回のアイマスに関しては
アイドルを一個人として見ざるを得ないと言うこと。

何だか自分で書いててよくわからなくなってきたw

まあまとめると、普段のアイマスとは毛色が違うけど
アイマスのテーマに沿った物語だとは思います。

シナリオ単品で語るなら、面白かったと言ってもいい。


・システム

しかしこちらは酷評せざるを得ないw

物語を進めるコマンドとしての"営業"
次の話に進む為の障壁としての"オーディション"

悪いけど一本道ギャルゲと大差なく感じます。
時々選択肢の代わりにミニゲームが始まるだけのギャルゲ。

ゲームとして面白いとは呼べないですよね。

ゲームとしてのアイマスが面白いと思ってきた私には、
正直アイマスDSには楽しみが見出せません。


・まとめ

実績目当てで一本道ギャルゲをいくつかプレイしてきて。
その手のギャルゲに対する私の感想も随分変わりました。

シナリオは私の想像以上に良い作品が多かった。
システムは私の想像以上に酷い作品が多かった。

アイマスDSも上記感想に当てはまるゲームだと思います。

シナリオは確かに面白かったし感動したけど、
で、ゲームとしてはこれ面白いの? と。

ゲームとしての面白みが存在しないとなると、
それはもう漫画や小説を読んでるのと変わりない。

そうなるとゲームとしての感想も書きようがない。

アイマスは既にゲームとして面白い要素があるわけだから、
それを無闇に簡略化してしまうのはどうなのかな。


と言うのが私の感想なんだけど…。

実際問題としてさ。

アイドルマスターと言う名前を聞いて。

手に汗握る白熱した対戦ゲームだと考える人が、
今の時代どれだけいるかって話ですよね。

単なるキャラゲーだと考える人が正直9割を越えると思います。

そしてそう言う人たちに無印アイマスやらせたら、
育成してオーデして地道にランク上げて
なんて面倒臭い作業にしか見えないかもしれません。

何より無印アイマスの仕様だと、
1周でシナリオ全部見れないですからね。

そう言う人たちを対象にアイドルマスターを作るなら、
今回の仕様の方がもしかしたら喜ばれるのかもしれない。

で、そう言う人たちが今の多数派なんだから、
アイマスがこうなるのは正しい進化でしかない。

問題はないんだけど…さ。

ああ駄目だやっぱりこの話は止めよう。
毎回同じ話してる気がするので終了。

なんでアイマスが選ばれてしまったんだ。
と言う感情がいつまでも消えねえ…。

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]