忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   
カテゴリー「XBOX その他」の記事一覧

Unmechanical Extended Edition

プラゾンGW2日本版は果たして配信されるんだろうか。

ベータ版をやった感覚だと別に英語でも問題なさそうだけど、
日本版が出るのならやはりそっちでプレイしたい気が強い。

そもそも海外版を買ってまでプレイしたいほどでもないしな。


・Unmechanical Extended Edition

プラゾンGW2発売前に少しだけ時間が余ったので
1日で実績コンプできそうなこれをプレイしました。

結果としてはプラゾンが発売しなかったわけですけど…。

このゲームはロボットのキャラを操作するアクション形式の脱出ゲーム。
敵もいないし死ぬような罠もないのでパズル要素の方が非常に強いです。

それでいて自キャラは物を持ち上げることしかできないので、
パズルとしても底が浅いと言うか深く考える場面はありません。

雰囲気ゲーと評価するのが一番適切なのかな。

個人的には通常の方より追加シナリオのExtendedの方が
物語も分かりやすく短くまとまっていて面白かったです。


・実績評価

プレイ難度(★★☆☆☆☆☆)
コンプ難度(★☆☆☆☆☆☆)
作業量(★☆☆☆☆☆☆)
総合(★☆☆☆☆☆☆)

★1レベルだけどパズル要素が多いので
どこかで詰まる可能性はそこそこある。

ただパズルなので解法をググれば解決します。
と言うことでやっぱり★1でいいんじゃないかな。
PR

ロケットリーグ

サッカーゲームにもレースゲームにも興味はないけど
多人数でわいわいするオンライン対戦ゲームは好きだ。

と言うことでロケットリーグに手を出してみました。

そこそこ面白かったけど私の求めていたゲームじゃないな。
実績コンプは楽だったので実績コンプと同時にプレイ終了。


・プレイ感想

自キャラが車で操作方法がレースゲームと同じだけであって、
レースゲームとは全くゲーム性が異なるゲームになっています。

マリオカートのバトルモードと例えるのが一番分かりやすいかな。

マリカーのバトルモードはまだ壁やコーナーがあるから
一応レースゲームの技術が役に立つ局面もあったんだけど、
ロケットリーグはそれすらもないから全くレース要素がない。

レースゲームの操作方法を流用しただけのサッカーゲームです。

が、しかしその操作を流用しただけのサッカーが案外面白い。

シュートやパスと言ったサッカーの基本的操作を無くして
体に当ててボールを動かすだけの単純明快なルールは、
逆にむしろ本物のサッカーに近い操作感が生まれています。

シュートやパスボタンがあるのではなく車体をうまく操作して
シュートやパスになるようにボールを動かすのが実に面白いです。

センタリングからの空中戦はその辺のサッカーゲーよりサッカーしてる。


ただシュートやパスの動作さえ無くしたこの操作方法は、
逆に言うと非常に敷居が高く慣れるのに訓練が必要です。

変な話最初の1時間くらいは"対戦相手を0人にしても"
まともにシュートが入らないくらい操作が難しいゲーム。

それでいてオン対戦は3VS3が一般的になっているから、
一人がミスするだけで致命的な局面になることが多い。

結果として初心者殺しのストイックなゲーム性になってます。

まあそう言うゲームもそれはそれで面白いと思いますけど、
ゲーム説明から受ける印象とは正反対に思えるのが微妙かな。

ある程度慣れてくると3VS3対戦は常に胃が痛くなるぞw

もっと対戦人数を大人数にしたら面白くなりそうなんだけど。

3VS3は残しておいてもいいからもっと広大なフィールドを
5VS5や7VS7で駆け回るようなゲームにもなってほしいよな。


・実績評価

プレイ難度 ★☆☆☆☆☆☆
コンプ難度 ★★☆☆☆☆☆
作業量   ★★☆☆☆☆☆
総合    ★☆☆☆☆☆☆

オンライン前提のゲームには珍しくオン実績が皆無です。

完全にオフラインで解除する場合コントローラーが
2台必要になる実績があるところだけが唯一の欠点。

とは言え実績稼ぎソフトとしてしまっていいと思います。

巫剣神威控

箱oneはもう日本発のゲームってだけで珍しいから、
日本発のゲームは何でもかんでもプレイする予定です。

日本発だからという理由でプレイした箱one作品は
CHAOS;CHILDと三国志13と今回の巫剣神威控だけど、
どれも個人的には良作と呼べる出来だったので嬉しい。

巫剣神威控はWAVEクリア形式のアクションゲームです。

狭いフィールド内に大量に配置された敵を倒すだけのゲーム。

一応成長要素はあるものの簡単にMAXまで育ってしまうので、
まあ純粋なアクションゲームと呼んで問題はないと思います。

実績的には最高難易度クリアがそこそこ難しいので注意が必要。

敵の攻撃に合わせてボタンを押すとカウンター攻撃ができるけど、
最高難易度はこれを完璧に決めないとまずクリア不可能な難易度です。

ただ逆にこれさえできれば最高難易度であってもクリアは余裕。

最高難易度infernoの攻略を適当に書いておきます。


・通常WAVE

このゲームはカメラに映っていない敵は基本的に攻撃してきません。

従って常にstageの外周にカメラを向けつつ自分の背後に向けて
遠距離攻撃の奥義神風を撃って行くだけで簡単に攻略できます。

veryhard以降の難易度をこれ以外の方法で攻略するのはかなりきつい。


・WAVE3-5、4-4

通常WAVEの内3-5と4-4だけは上記の逃げ戦法が通用しません。

このstageは攻撃をガードしてくる強敵が少人数で襲ってくるので、
逃げ奥義だけやってるとその内MPが足りなくなってしまいます。

ここは先の閃でカウンターを決めていくのが無難。

先の閃はタイミングがシビアで慣れるまでは大変でしょうけど、
正直こいつらを先の閃で倒せない人は5-1ボスを絶対に倒せない。


・stage1、2、4ボス

WAVE1と4のボスは距離を遠めに取っておけば
地面から刃を出してくる攻撃以外の攻撃はしません。

後は遠距離から神風を連発すればその内倒せます。

どのボスにも言えるけど出血させたら即座に斬心すること。
斬心が一番のダメージソースなので確実に入れておきたい。

WAVE2のボスは遠距離でも時折攻撃を仕掛けてくるけど、
やはり遠距離から神風を撃っていけば苦戦することはない。


・stage3、5ボス

鈴華はこのゲームで一番の強敵です。攻撃が多彩で辛い。

遠距離の時にはダッシュ切りor刀の波動で攻撃してきます。

ダッシュ切りは鈴華との距離が遠すぎるとガード不能になる。
刀の波動は鈴華との距離が近すぎるとガードを崩され殺される。

刀の波動は1発目をガードした直後に横に転がると避けられるので、
鈴華からは離れすぎず刀の波動が来たら一撃受けて横に跳ぶのが無難。

通常攻撃は2連撃の後に通常2連撃、通常2連撃+ジャンプ斬り、
そして終盤にはジャンプ斬り3連発の3種類の攻撃パターンがある。

まず2連撃はガードで受け、3発目が来る前に後ろに転がります。
2+2連撃ならこれで避けられる。ジャンプ斬りが来たら先の閃。

溜め攻撃は基本的に全部先の閃で返せるようになりましょう。


・ラスボス

通常5連撃に合わせて先の閃をやればあっさり倒せます。
その他の攻撃の時は回避に専念した方が安定して倒せる。

全方向に剣を飛ばす攻撃は隙間に移動すれば簡単に回避可能。
回転切りはジャンプさえ間に合えば特に問題なく避けられます。

一番厄介な地面から連続で刃を出してくる攻撃は、
"横飛びの"回避であれば安定して避けられます。

横飛びの回避を確実に出せるようにしておきましょう。


・実績評価

プレイ難度 ★★☆☆☆☆☆
コンプ難度 ★★★★☆☆☆
作業量   ★★☆☆☆☆☆
総合    ★★★☆☆☆☆

特定のフレームにボタンを押す操作ができるかどうか。
それだけでコンプの可不可が決まるストイックなゲーム。

格ゲー経験者が有利であることに間違いはないでしょうけど、
複雑なコマンド操作も必要なくただボタンを押すだけなので、
とにかく1フレームのタイミングを取れるのであれば問題ない。

私は"音"で見切れたのでそんなに苦戦はしなかったです。

三国志13(1)



TAでは初めての実績コンプ一番乗り。

プレイ人数30人の中で一番乗りを誇っても仕方ないけどw
まあ一番だからプレイ感想の前に実績攻略を書いてみます。

しかし1位だとcomplete it!と!が付くんだな。


・シナリオクリア

最終的に自分の属する勢力が天下統一すればクリアになるから、
在野で延々と放置してどこかの勢力が天下統一寸前になったら
その勢力に仕官すればそれだけでシナリオクリア扱いになります。

赤壁以降は曹操が1~2時間で統一するからいいんだけど、
序盤シナリオは放置すると統一に時間がかかるから面倒くさい。

序盤シナリオは普通にプレイしてクリアするのもひとつの方法。

または環境設定でメッセージ送りを自動にしておき、
在野で都市から都市へ移動する最中に待機することで
ゲーム進行を完全に操作不要で自動進行させられます。

在野であっても都市にいると訪問とか登用を受けるので注意。

これなら完全に放置できるからかなり楽になるんだけど、
在野のままで天下統一されてしまうと未クリアになるうえに
天下統一まで何時間かかるかはある程度運に左右されます。

1~2時間ごとに状況を確認する必要があるからこれでも面倒くさい。
ただそれでもそこそこ長い時間放置できるメリットは大きいと思います。

進行速度を最低にすると天下統一まで5時間~10時間はかかるから
あえて進行速度最低にして寝る前に放置するのもひとつの方法かな。


・一騎舌戦100勝

一騎討ちは討伐巡察を行うと必ず発生するのでそれが稼ぐのが一番です。

舌戦はこの実績だけを考えるなら外交で折衝を連打するのが一番早い。
セーブロードでも回数は積み重なるので折衝が終わったらロードで良し。

ただ普通のプレイでも集落懐柔を行えば自然に回数が積み重なるので、
無理に回数を稼がず自分の手で集落懐柔を行っていけばいいでしょう。

集落懐柔は功績が稼げるから立身出世を狙う時に回数を稼ぐといい。


・超困難目標

君主で勢力、都督で軍団、太守で都市の超困難目標を達成する。
なにが超困難って目標を認めてもらうのが超困難だから困りますw

君主は目標を自分で選べるので簡単に実績解除できます。

武将は多いが1都市のみ所有の君主を適当に選んで、
最初の評定で内政or軍事の超困難目標を設定して
後は内政or軍事のみに延々と専念すればそれでよし。

都督と太守はまず評定で君主に目標を認めてもらう必要がある。

超困難目標は単に提案するだけでは誰も賛同してくれませんw
絆のある武将だけは賛同してくれるので事前の根回しが必須。

評定に参加するのは君主重臣と都督/太守重臣になります。
評定開始時ではなく受諾時の重臣が選ばれるので注意。

従って自分の管轄下である都督/太守の重臣を
絆のある武将で固めてしまえばかなり楽になる。

重臣が全員絆武将であれば超困難目標であってもほぼ承認されるはず。

太守は目標さえ通る状況であれば後は1都市を育てるだけなので、
内政or軍事目標を設定して延々とそれのみに専念すれば大丈夫です。


・敏腕都督

都督での超困難目標の達成は承認されてからも厄介です。

都督は必然的に複数都市を管轄下に置くことになるうえに、
君主の命令には逆らえないので出陣等で目標を邪魔される。

ということで敏腕都督実績だけは単独で狙ったほうがいい。
個人的には益州平定の関羽で狙うのが一番楽だと思います。

開始直後の軍団評定は君主不在で解除されるので無視

関興に巡察50の命令を与え関羽自身でその任務を手伝う
(次回の評定までに関興を七品官にするのが目的
 手伝って短縮しないと次回の評定に間に合わない)

巡察50の目標を2回達成させたら重臣変更
関平関興周倉の3名を全員重臣にさせる

次回評定が開かれたら襄陽攻略を提案
(7名中4名が自分の提案に賛同するので
 相当運が悪くない限りは自分の提案が通る)

全軍で2方面から襄陽に出陣する
(襄陽は2方面から攻められるので攻略自体は容易
 迎撃に来た敵軍を足止めしている間に別働隊で攻略)

この流れでゲーム開始から15分もあれば実績解除できるはず。

もし襄陽攻略が難しいなら内政or軍事目標にしてもいいけど、
関羽軍団は領地の広さの割に武将数がかなり少ないので
この場合はプレイ開始前に優秀な登録武将をばらまくこと。

Goat Simulator Mmore Goatz Edition

日記を書くのを大分さぼっていたのでこの3連休で頑張ります。

ただ最近ゲーム自体をプレイするやる気は結構あるんだけど、
そのプレイ日記を書く方のやる気はほとんど0に近いです。

ゲームで自己顕示欲を満たそうと思わなくなっちゃったんだね。

ってことは逆に言うと私が実績を集めているのは
自己顕示欲によるものではないと言うことなのか。


・プレイ感想

MMOモードとGOATZモードで遊ぶことができます。

MMOモードはMMOの世界観を再現しただけで、
やることは前作と同じくヤギで暴れまわるだけです。

新モードだと過剰な期待をしてしまうと残念かも。

ただクエストやレベル制、インベントリといった
新要素がどれも面白いので個人的には良作と呼びたい。

GOATZモードはHPや空腹ゲージが新たに設定され、
何より大量の敵がこちらを殺しに向かってくるので
今までのゴートシミュレーターとは一線を画すゲーム。

ただ元々ゴートシミュレーターはフリーダムな世界観だからこそ
物理エンジンの暴走や地形嵌り、バグも笑って見過ごすことができた。

ただしゲーム性の高いハードな世界観でそれを残してしまうと、
必死にプレイしていたら理不尽なバグでそのまま終了みたいに
システムの不具合が致命的な欠点になってきてしまいます。

GOATZモードは個人的には失敗作と言わざるを得ないかな。


・実績評価

単発イベント 計730P(★☆☆☆☆☆☆)

チャーター機の旅 MMO全エリア到達 30P(★☆☆☆☆☆☆)
愛か憎しみか? MMOステージ全トロフィ入手 15P(★★☆☆☆☆☆)

上からヤギコ ダイブ攻撃でゾンビ5匹同時攻撃 30P(★☆☆☆☆☆☆)
ファン楽しすぎ ミニファン1個でゾンビ7匹撃破 30P(★★☆☆☆☆☆)
イケイケ行っちゃえ! ブードゥーボムでゾンビ4匹同時攻撃 15P(★☆☆☆☆☆☆)
砕け散った夢 ゾンビ30体を凍らせて破壊 30P(★★☆☆☆☆☆)

ヤギの日曜大工 武器全種類クラフト 30P(★☆☆☆☆☆☆)
サバイバリスト アイテム全種類クラフト 15P(★★☆☆☆☆☆)
命がけのサバイバル 10日間生存 30P(★☆☆☆☆☆☆)
空腹厳禁 50回飲食 30P(★☆☆☆☆☆☆)
新たな挑戦者が現れた クエスト25回クリア 15P(★★☆☆☆☆☆)

実績的には前作とほぼ似たような難易度なんですけど、
やはりこちらも足を引っ張るのがGOATZモードになります。

GOATZモードは無敵状態になるミューテーターがあるけど
それでも敵がこちらを攻撃してくる状況は変わらないので、
イベント消化中に敵に邪魔される可能性がかなり高いです。

システムの不具合で必要なアイテムが戦闘中に消えることも多い。

特に全クラフトやクエスト25回はかなりの長期戦になるので、
バグでそこまでのプレイが無効になるとかなりダメージが大きい。

と言うことで前作より実績コンプは多少厄介。

ただフラッピーヤギがないから人によっては今作の方が楽w

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]