忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   
カテゴリー「XBOX PCゲーム」の記事一覧

SWTCW:Republic Heroes(GamesforWindows)(4)

4月は30日出勤(休日0日)の記録を打ち立てました。
実績難易度でいうと大体★5くらいかなと思います。

なんで突然こんな仕事が忙しくなったかと言うと
新規採用職員を育てろという命令が下ったからです。

女の子だしリアルアイマス的なノリで育て上げてやるぜ!

と意気込んでみたものの全くの素人に仕事を教えつつ
二人分の仕事をこなすってどう考えても無理ですよね。

40時間勤務8時間休憩の繰り返しが一番能率いいなとか
考えてる時は本気で死んでもおかしくないレベルだった。


・ボス攻略

このゲームのザコは無双と同じレベルの空気なんですけど、
ボスは倒し方が分かりにくく意外と苦戦することが多いです。

実績のためにスピード攻略やノーミス攻略も求められるので、
一応各ボスの倒し方についても軽く説明しておきましょう。

殴り続けるだけで終わる一部ボスについては省略します。


・中ボス1

オープニングステージで出てくる中ボスについては、
Yボタンが表示された時にYボタンを押し続けると
動きが止まるので、ジャンプで足に飛び乗ります。

足の上を歩いて"砲台の上に乗ってから"攻撃すればOK。
1回攻撃すると砲台が壊れるのでこれを3回繰り返します。

倒し方が分かりにくくてオープニングなのに結構苦戦する。


・中ボス2

中ボス2は同じくYボタンを押すと動きが止まるので、
その間にもう片方のキャラが足を斬ると足が折れます。

これで全部の足を折った後に二段ジャンプ→Yボタンで終了。

一人プレイだと自分がYボタンを押している間に
CPUが勝手に足を切ってくれるからいいんだけど、
2Pプレイを一人でやると多少面倒臭いので注意。


・KulTeska1

KulTeskaとの初戦はJediパートとCloneパート双方で戦います。

Jediパートは相手のミサイルをYボタンで跳ね返して
落下したところを剣で攻撃していくことになります。

Cloneパートは普通に銃が効くのでそれで倒せばいい。


・KulTeska2

KulTeska2戦目は金メダルが取りにくくて厄介。

スコアを稼げないのでタイムを稼ぐしかないんですけど、
ステージ構成的に急いでクリアするのも面倒くさいです。

序盤戦は時折飛ばしてくるミサイルを跳ね返して
落下したところを剣で攻撃していくお約束パターン。

攻撃ボタンを連打すると空振りが発生しやすくなるので、
適宜連打を止めるor時折ジャンプボタンを押す等して
連続攻撃を止めつつ攻撃すると効率よく攻撃できます。

終盤戦は宙に浮くドラム缶をYボタンで敵に当てます。

敵も敵でドラム缶を取ってこちらに投げつけて来るのと、
ドラム缶が出てからある程度待ってYボタンを押さないと
敵にドラム缶が当たらない関係上そこそこ運ゲーになります。

ここでタイムを縮めるしかないんだけどそれがめんどい。


・KulTeska3

KulTeska3はノーミスクリアが実績になっています。
しかも自分だけでなく仲間もノーミス必須だから性質が悪い。

無敵チートを使うと相手の攻撃は全てノーダメになりますけど、
どちらにしろ落下死は防げないのでそこそこ難易度が高いです。

序盤戦はいつものようにミサイルを跳ね返すお仕事。

終盤戦は宙に浮くドルイドに飛び乗って攻撃を仕掛けるものの、
このゲームのジャンプの操作性が悪いから落下死が続出します。

そしてこのドルイドは攻撃力が異常に高いので、
無敵チートを使わないとほぼ即死だからきつい。

終盤戦で自分はともかく仲間を殺さずに切り抜けるには、
無敵チートを使えるくらいまで仲間もゴールドを稼ぐか、
あるいは連射コンでYボタン連打状態にしておくか。

仲間を鍛える場合はCloneパートのボーナスステージを
延々と繰り返すのが早い。コンボバー購入も忘れずに。

無敵チートを購入した後にステージを途中終了すると
仲間の情報がリセットされるので注意が必要です。

と言うかこれがあるからノーミスクリアに挑む時も
失敗時に途中終了できなくてかなりうざったい。

連射コンY連打は無敵ではないから死ぬ危険性もあるものの、
仲間を鍛える手間がないから気軽に挑戦できる分少しは楽です。

私は連射コンY連打でノーミス実績を解除しました。
PR

SWTCW:Republic Heroes(GamesforWindows)(3)

imonaも使えなくなったしそろそろ私もガラケー卒業かな。
windows phoneの日本発売を待つのも正直そろそろ限界だw

私はデバイスとしてはガラケーの方が優れてると思うんだけど、
実際問題対応ソフトが年々減っていってもうどうにもならんね。

デバイスとしてはガラケーの方が優れていると言うことで、
私は下手したらガラホに手を出してしまうかもしれません。


・周回実績

このゲームは全40ステージ程度とかなり分量がある上に、
実績のために何周もしないといけないのでかなり面倒です。

と言うことで今日は周回実績をまとめておきます。

条件が色々と面倒だし実績wikiで攻略されてないから、
まとめておかないと無駄に周回数を重ねる必要がある。


・Padawan
・Master

Padawan(易)及びMaster(難)の各難易度で
全ステージをクリアすると実績解除されます。


・Girl Power

Jediの全ステージをAhsokaでクリアすると実績解除。

このゲームにキャラ性能の差はないので
どのキャラでプレイしても差はありません。


・Dynamic Duo

Jediの全ステージをAnakin&Ahsokaでクリアすると実績解除。
1PAhsoka2PAnakinにすればGirl Powerと同時解除できます。


・Nobody messes with

Cloneの全ステージをCad Baneでクリアすると実績解除。


・Campaign Veteran

全ステージを金メダル以上でクリアすると実績解除。

ゲーム中で購入できるコンボバーのチートを装備すると
常に最高倍率でスコアを稼げるようになりますので、
大抵のステージはそれでクリアするだけでOKです。

ただボス戦はスコアではなくタイムが条件になっている。
そこは(無敵チートを使うにしろ)多少ガチになります。


・Republic Heroes

全ステージを2Pプレイでクリアすると実績解除。

2Pも放置できず先に進む動きはさせないといけないので、
セルフで解除しようとするとそこそこ面倒な実績になります。

ただ1P2Pの同時操作が必要な場面は数が少ないから、
プレイ難易度は高くない。ただただ単純に面倒なだけだ。


・Time to kill

全ステージ通算のクリアタイムが200分を切ると実績解除。

ゆるゆるな設定だから普通に急いでクリアすればそれでOK。
ただ当然2Pプレイやチャレンジで時間を無駄にはできません


・まとめ

1周目
難易度Padawan・タイムアタック

2周目
難易度Master・プレイキャラ実績・金メダル・2Pプレイ

無理やり2周で実績コンプしようとするとこうなるかな。
難易度が2種類あるから1周で実績コンプは不可能です。

タイムアタックと2Pプレイを両立させるのはほぼ不可能。

金メダルとタイムアタックは両立できないこともないけど、
まあ時間に余裕のある周回で狙った方が楽になるでしょう。

SWTCW:Republic Heroes(GamesforWindows)(2)

steamを開くたびにPC版ラストレムナントのことを思い出す。

PC版ラスレムもGames for Windowsの仲間だから
発売時期次第では実績が付いていたかもしれません。

実績が付いていれば私も最後までプレイできたのにw


・操作方法(jedi)

このゲームはステージの合間に操作方法の説明が入るけど、
説明文は英語なので日本人だと微妙に分かりにくいです。

と言うことで私も簡単に操作方法を説明してみます。
まずはjediモードの方から説明していきましょう。

まずAボタンはジャンプ。

このゲームのジャンプはとにかくひどい操作性ですw
とは言え抜け道もないので頑張って捜査するしかない。

ジャンプ中にさらにAボタンを押すとWジャンプになります。

ただWジャンプは飛距離を伸ばすための動作ではなく、
どちらかと言うと敵に乗るために使うコマンドです。

Wジャンプで敵の上に着地すると敵の上に乗れます。
ジャンプだと高さは足りていても絶対に乗れません。

敵の上に乗るとXYBのどれかを押すよう指示があります。

Xを押すと敵を乗っ取って自由に操作ができます。
敵乗っ取り攻撃でしか壊せないものも多いので注意。

Yを押すとフォースの力で敵を一撃で殺します。
広範囲に吹き飛ばし効果が発生するのでかなり強い。

Bはダンスアクションを購入している時のみ表示。
周囲の敵が踊りだして完全な無防備状態になります。

また、敵に乗ってからジャンプボタンのAをさらに押すと
(敵によって飛距離が違うけど)ハイジャンプできます。

ハイジャンプを利用しないと取れないアイテムもある。

またハイジャンプ中にXを押すとプレス攻撃ができます。
これは条件が面倒な割にあまり強くなくて使いどころがない。


Xボタンは通常攻撃ボタンです。

Xを連打すると4連撃くらいまで連続で攻撃できる。
Xを押し続けるとダッシュ切りが発動します。

ジャンプ中にXを押すとジャンプ切り。
ハイジャンプ中だと前述したようにプレス攻撃。


Yボタンはフォースを飛ばします。

単純にYを押すと敵に痺れ効果を与えます。
Yを押し続けると広範囲に吹き飛ばし効果を与える。

溜めYの吹き飛ばしでザコは一掃できるので、
基本的に溜めYを連射し続けるのが一番楽です。

とは言え溜めYは威力があまり強くないので、
強敵相手だったら他の攻撃をした方が良い。


RTを押すと防御します。

またRTの防御中にXを押すと周囲にソードを投げる。
そこそこ広範囲ですけどまあY溜めの方が強いよな。


とかまあ色々な攻撃方法が用意されていますけど、
単にクリアするだけならザコはY溜めで一掃して
残った強敵は飛び乗り→Yで一撃死させるのが楽です。

ただ○○の方法で敵を○○匹撃破と言った実績が多く、
大抵の攻撃方法で一定数敵を倒す必要があるから面倒だ。


・操作方法(Clone)

Cloneは単なるTPSなのでそんなに難しい操作はありません。

Aボタンはジャンプではなく障害物乗り越え。
登れる場所はかなり少なくあまり使いません。

後半戦になるとRBでブーストジャンプが追加されるので、
そうなるともうAボタンを使う機会は全く無くなります。

Xボタンは素手で殴ります。案外威力は高い。

Yボタンは痺れ効果のあるグレネードを投げます。
また、重火器を拾った際は重火器を使うボタンになる。

主戦力になるのはRTのショットです。

SWTCW:Republic Heroes(GamesforWindows)(1)

それではSWTCW:Republic Heroesのプレイを始めます。

SWTCWはStar Wars the Clone Warsの略。StarWarsのゲームです。
ちなみに私はStarWarsを一作品一分たりとも見たことがありませんw

和訳もされてないから全くストーリーが分からない。

とりあえず主人公っぽいアナキンとか言う名前の人が
実はダースベイダーなのは知ってますけど、そもそも
ダースベイダーが何をした人なのかを知らないレベル。

と言うことでシナリオの感想は全く書けません。
単純にアクションゲームとして感想を書いていきます。


・システム

ビームサーベル(違 とフォースが使えるJediシナリオと、
特殊能力が使えず重火器で戦っていくCloneシナリオがある。

Jediシナリオはまあ日本的に例えると無双っぽい操作性。
Cloneシナリオは普通のTPSと似たようなゲーム性です。

で、このゲームは残念なことにジャンプの操作性が悪い。

なのでジャンプで飛び回る(爽快感がありそうな)Jediより
普通にTPSをプレイするCloneの方が楽しめるから困る。

Jediの方も攻撃アクションはかなり爽快感があるので、
ジャンプ回りさえ改善されれば楽しそうなのが勿体ない。

ゲームの難易度はハードであってもかなり簡単です。

と言うか死因の大半がジャンプミスによる落下死だから、
ハードで敵の強さが上がっても難易度はほぼ変わってないw

戦闘がほぼ草刈り状態になるあたりも無双とよく似てるゲーム。

死亡してもノーペナルティで即時復活ができるので、
難しくてクリアできないと言う状況にはなりません。

ただし実績的にはちょっとだけ実力系実績がある。


・1周目クリア

前述したようにStarWarsのストーリーは全く知らないし
英語を読むのも面倒くさいから会話は全部飛ばしました。

それでも結構時間かかったな。クリアまで10時間くらい?

使い回しでないそこそこ長いステージが40程度あるので、
キャラゲーとしてはボリューム感のある方だと思います。

JediとCloneでゲーム性がかなり異なってくるのと、
ミニゲーム風のステージやボス戦がアクセントになって
プレイ時間が長くても単調になりにくい工夫もしてある。

キャラゲーとしては悪くないレベルだ。

ただし何度も言うけどジャンプ回りの操作性が悪すぎる。

まるで意味不明の場所に飛んでは落下死を繰り返すのは、
死がノーペナの状況下であってもストレスが溜まります。

無双のように難易度0で敵を倒しまくるゲームにおいて、
操作性でストレスを感じてしまうのはかなりの減点かな。

難易度が高いゲームなら操作性が悪くても
それも一種の面白さになったりするんだけど。

Games for Windows

TAで各ハード別のコンプ数が表示されるようになりましたけど、
今から数を増やそうとすると一番厄介なのが"web"カテゴリです。

webカテゴリは既に配信停止されたwordamentの一作品しかないので、
今からではどう頑張ってもwebカテゴリのコンプ数は増やせません。
(今後実績対象のブラウザゲームが増える可能性も0ではないけど)

で、2番目に厄介なのが"Games for Windows"カテゴリ。

このカテゴリは対象作品こそそれなりに数があるものの、
サービス自体が終了していて今からではプレイできません。

しかし面倒な手順を踏めば今でも一部のゲームはプレイできる。


・steam

GamesforWindowsの一部の作品はsteamでも配信されています。

steam自体は言うまでもなく絶賛サービス継続中だから、
steam経由でGamesforWindows対応作品は手に入ります。

そしてGamesforWindowsはソフトの販売サービスこそ終了したものの、
既に購入済のゲームをプレイするクライアントは今でも配信しています。

1 steamでGamesforWindows対応ソフトを購入
2 GamesforWindowsクライアントをダウンロード

この手順を踏むことで今でもGamesforWindowsの実績は解除できる。

私はSWTCW:Republic Heroesを購入してみました。
実績コンプが容易そうなゲームを選んだだけです。

ちなみに最初はBatman:Arkham Asylumを購入したんだけど、
色々調べて頑張ってみても起動しなかったので諦めました。

PCゲームはそもそもプレイまでに手間取るから嫌いだ。


・雑談

ここからSWTCW:Republic Heroesのプレイ日記を書くには
前置きが長くなりすぎたので別の話でスペースを埋めます。

私は前々から宣言しているようにPCゲームが大嫌いです。

その理由は上述したようにPCゲームは設定が面倒だから。

だと思っていたんだけど冷静に考えるとDTMは好きなんだよな。
PCゲームよりDTM環境を設定する方が数段面倒な作業なのに。

で、改めて自分の心境を眺めてみたら少し違うことに気付いた。

私の中でゲームと言うのは100%受動的な娯楽です。
誰かが作った作品をただ受け取って遊ぶだけの娯楽。

逆に私の中でパソコンと言うのは100%能動的な娯楽です。
何でもできる機械で自分が色々な遊びを作り出していく娯楽。

私は受動的な娯楽も能動的な娯楽もどちらも好きですけど、
両方が常に好きと言うよりは日々の気分によって好みが変わる。

最近は受動的モードに入ってるからこのブログの更新が多いw

まあともかく私はゲームで遊びたいと思っている時は、
能動的ではなく受動的な娯楽を楽しみたいと思っている。

なのに能動的娯楽であるPCをいじる作業が入るから不満を感じるんだな。

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]