忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

STEINS;GATE比翼恋理のだーりん (1)

STEINS;GATE本編がそこそこ面白かったので
実績のあるスピンオフ作品は全てプレイします。

比翼恋理のだーりんはCHAOS;HEADで言うところの
らぶちゅっちゅ的なノリの作品のように見えますけど、
STEINS;GATEは本編が既にギャルゲのノリだからなぁ。

無難に面白そうではあるけど想定内の面白さで留まりそうだ。

と言うことでまずは各キャラルートの感想。


・指圧師

指圧師はCHAOSシリーズの殺伐とした雰囲気を
残しているキャラなので個人的には結構好きだ。

ただそれだけにシュタゲの世界観では浮いている。

本編ならともかく今作では殺伐とした空気が0なので、
あえて彼女のルートを作る必要はなかった気がします。

と言うかむしろ本編になら指圧師ルートがあっても良かった。


・フェイリス

多少オチが弱いもののまあ無難な出来と言えるかな。

商業主義と大衆に支配されてしまった萌え文化を
古き良きオタクの手に取り戻そう!と言う主題は、
それ自体はいいけど秋葉を舞台にしてどうするw

お前らも金の力で秋葉を奪ったじゃねえか。


・ルカ子

男のままにしたのは英断でしょう。

ルカ子は理想的な女性なのに男だから惚れてはいけないことが
肝になっているキャラだから、本編のように女にしてしまって
元男だから惚れるのに抵抗がある程度にすると話が弱くなります。

キスと同時に女性になる美女と野獣的な展開であれば
物語の構成上は女になっても別に問題はないだろうけど、
これだと同姓カップル全否定になるから無理だろうな。


・鈴羽

ダルの告白を物語の主軸に据えてしまって
主人公と鈴羽の話が薄くなる本末転倒な展開。

ダルの告白も運命的な展開なのかと思ったら
あまりにも無理やりすぎてわけが分からんし。

BTTFの件も含めて満場一致で糞シナリオでしょう。
鈴羽ファンも本編ルートの方を歓迎したいんじゃない?

このルートは物語上で主人公も突っ込んでいるとおり、
BTTF1をリスペクトしまくった展開で話が進みます。

それ自体はまあ別にそこまで文句を言うことではない。

スピンオフ作品のサブキャラの1ルートだし
適当に作ってしまうのも仕方ないことでしょう。

問題はそれを主人公に長々と説明させてしまったこと。

何も説明がなかったらBTTFみたいな展開だなと思いつつ、
ラストシーンで最後までBTTFかよwと笑うこともできた。

でも事前に『BTTFみたいな展開です』と説明されたら
笑うこともできず先の展開も読めてただただ冷めるだけです。

何と言うかプライドが邪魔しちゃったんだろうなぁ。


・クリス

ひどいシナリオだw

ただ鈴羽ルートと決定的に違うのはラストで笑えることと、
クリス萌えと言う観点では完璧なエンドであることでしょう。

しかしクリスは本気で萌えのためだけに存在しているキャラだな。


・まゆり

科学ADVシリーズの例に漏れずまゆりさんもヒロイン力は高い。

科学ADVシリーズはどれも正統派ヒロインをサブに据えて、
逆にメインヒロインを主人公とは相容れない存在にしています。

だからサブヒロインルートの方がベストエンドに見えるんだよなw

まゆりルートはまさに王道中の王道を全力で進んでいくので、
他キャラルートが霞むくらいの力強さを感じるシナリオです。

別れの時に泣き顔を見せず再会の時に泣き顔を見せる演出は実に上手かった。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]