忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HORSE RIDERS(22)

単にCPUの強さ変えるだけかと思ったら、
また全体的なゲームバランス変えたのか…。

壁verに文句言ってた人の意見に従って、
壁verに対応した人を切り捨てるのは
これは一番やってはいけないことだと思います。

もしまた数ヶ月でverが変わることになったら、
その時がHORSE RIDERSの終焉でしょうね。

と言うかもう終焉してる気がしないこともないけど…w

1クレ100円なら名作ゲームとなりえただろうに。
と言う意味ではアイマスと似てるな、このゲーム。

と言うことは、終わったかと思っていたら
いきなり某動画でHORSERIDERSが大流行になり。

ファンファーレに合わせてパンフを叩いて
最後にワーとやるファンディスクが発売されたりするんですね!

ちょっと面白そうだなw


・verup

先行が強くなった初期ver。
今回のverはこれが全てだと思います。

壁verとは根本的に乗り方が違いますので、
もう壁verのことは忘れた方が良いかと(酷い話だ

各脚質について思ったこと。

・逃げ

私自身は現在逃げ馬持っていないので、
他人のプレイを見ただけの感想になりますが。

これからの逃げ馬の戦い方の基本は、
おそらく大逃げになるのではないかと。

大逃げと言っても3~4馬身程度の逃げなので、
むしろこれが本来の逃げのような気もしますw

出ムチで先頭に立って、4角で一気に突き離しですね。

勝ってる逃げ馬は全馬残り100mで
完全にスタミナが無くなった状態になってました。

それでぎりぎり差しをかわして勝ち。
直線で抜かれたらもうそれで終わりな感じがありました。

・先行

これは壁verと同じ乗り方してたら
間違いなくP馬最下位をゲットすることになります。

騎乗法が一番大きく変わった。
ただそれに気付けば壁verより強いか?

直線の脚勝負だと間違いなく差し馬に負けるので、
かなり早めに仕掛けます。本当に早めに。

差し馬が脚を使う前の仕掛けで後方に差をつけ、
後は抜かれないように祈るだけw

ただ上手く乗れれば残り200mくらいでもう
勝ち確定のような状態になります。

王道の競馬ができる気がする。

・差し

使用馬と競馬場の状態、レース展開から
残り○○mで進出残り○○mでムチを判断して。

その判断が正確であれば間違いなく切れます。
要は初期verの差しと全く同じ。

馬群がどんな状態であろうが、先行判定になろうが
判断が正確であればきちんと伸びてくれます。

むしろ先行判定におびえて仕掛けを控えたりすると
今度のverは完全に沈むことになります。

初期と同じようにやりましょう。

・追込

これもまあ初期verと同じなのかな。

差しがあれだけ切れることを考えると、
追込はかなり厳しくなる気がします。

壁verではある意味最強脚質だったんですけどね。

逃げ先行に完璧に乗られると、
追込判定貰いつつ勝ちはほぼ不可能なような…。

少なくともメジロブライトのような
瞬発力の弱い追込み馬はかなり辛いことになります。


・その他verupについて

CPUが本気で弱くなりましたね。

プレストンやブライトさんは毎回圧勝だし、
鬼門のダート戦がアブクマで大楽勝w

全国のCPUもかなり弱くなったと思います。
GI連戦してる間でもCPUは空気でした。

馬群の流れから外れて惨敗、と言う状況も
今回の仕様でなくなったので。

かなり出走Pがあまるようになります。

これだとB以下の馬の存在価値が
ほぼ0になってしまうのでは…。

それ以外の変更点は特に無いんじゃないかな。

少しでも変な騎乗をすると妙にスタミナが
減るような気がしましたけど。気のせいか?
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]