忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   

真女神転生4(4)

物理耐性無いと即死するし物理耐性で固めると余裕だし。
ゲームシステム的にはかなりの糞ゲーに見えてきました。

真3との一番の違いは"難易度は低いところ"なんだよな。

真3に比べると難易度はかなり下がっているものの、
出会いがしら即死等の事故率だけは相変わらずだから
何と言うか面倒なだけのゲームになっていて残念です。

シナリオについてはまだ評価は保留。段々面白くなってきた。


・池袋

カガさんは重要キャラなのかと思ったら、
出会って数分後にボスに殺されて笑った。

復活するのかと思ったらそのままだしw


・渋谷

ようやく阿修羅会のタヤマさんとご対面。

しかし今作はおつかいイベントが多すぎるよなぁ。
渋谷までの話は全カットしても話が通じそうだぞ。

システムとしては面白くないからおつかいは苦痛だ。


・銀座

ネコマタに先制攻撃されて100000マッカが瞬殺されました。
この手の嫌がらせが来るとは全く想像していなかったぜw

と言うかこのゲーム普通にプレイしたらマッカ余らないか?

武器は剣か銃どちらかに専念する人が大半だろうし、
防具はぶっちゃけほとんど買う意味がない気がする。

このゲームの仕様でHPを一桁上げることに何の意味があるw

私はギフトハイコンバータとスカウトボーナスを取ってて、
消耗品もありあまってるからマッカを使う目的が全くない。


・哲学の道

お約束のLaw-Chaos尋問。

しかしこの場所でLaw-Chaosの問いかけをするのはいいけど、
真4は普段からLaw-Chaosの選択肢が多すぎるから残念です。

その場その場の状況でLaw的Chaos的な判断をするのではなくて、
何故か敵なり味方なりがイベント中に突然概念的な話を始める。

特にこの後のワルターorヨナタンの選択肢でそれが顕著だけど、

ワルター:リリスよりもタヤマの方が悪だし大天使どもも同類だ
ヨナタン:ミカド国の平和を保つにはリリスを倒すしかない

二人ともお互いの行動理念ははっきりしてるのに

ワルター:現在の秩序を壊して新しい世界を作りたい
ヨナタン:現在の秩序を守ることが一番の平和な道だ

と概念的な話をしてくるからどちらにも同意したくなくなる。

女神転生のLaw-Chaosはあくまで現実でどうするかの結果であって、
概念的に選択するようなものではないような気がするんだけどな。


・さかさヒルズ

六本木ヒルズさんもまさか逆さになるとは思わなかったでしょう。

個人的に超グロい想像をしていたら案外グロくなかった。
いや、赤玉=赤子なんだと誤解した人も多いんじゃない?

と言うか実際の所それくらい酷い状態にしたかったけど、
流石にDSでそれをやるのはどうよ的制限が入ったのかも。

しかしタヤマさんはDark-Law全開すぎて惚れます。
女神転生ではDark-Lawキャラって少なかったからな。

ミカド国 Light-Law
阿修羅会 Dark-Law
フジワラさん Light-Chaos
ガイア教団 Dark-Chaos
イザボー 優柔不断

イメージとしてはこんな感じでしょうか。

イザボーさんは果たしてNeutralになれるのか?
現状では単に自分の意見がない人になってる。


・シンジュク村

ミカエル軍団はもう少し格好良くしてほしかった。
と言うかリリスとは正反対のデザインにすべきでは?

どこからシナリオの分岐が始まったかは知らないけど、
ここでのヨナタンワルターどちらを選ぶかの選択肢は
もう確実にLawChaosが決定すると考えていいでしょう。

私はまあワルターを選びました。

Law好きの私でも流石にここでヨナタンは選べんw

と言うか一人で行くと言う選択肢は当然あると思ってたのに、
ターミナルは封鎖されててイザボーにも無視されて泣いた。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]