忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   

ドラゴンクエスト9(4)

メタルスライムが素で歩いててワラタ。

シンボルエンカウントだと、メタル狩りの概念も
これまでの作品とは大きく変わりますね。

好きな戦闘相手を選べる、と言うのはこれ
RTA界ではある意味革命的なのではないだろうか。

まあRTAは私の専門外ですけどw


・石の町

初全滅ヽ(・∀・)ノ

ため打撃であかさらさが即死しちゃって、
その後スクルトで固められて完璧に終わった。

アタッカーがあかさらさしかいないんだよなこのパーティ。

とりあえずくろさらさに破邪の剣を買い与えて、
アタッカー2名にして再突入。

今度もやっぱり苦戦したけどどうにか勝てました。

相手がためたからって、全員防御してみると
さらに相手がためてくるからテンションシステムは怖い。

しかし今回の経験値システムは謎ですね。

自分のレベルが高いほど経験値を貰えるってのも謎だけど、
死んでても何割か経験値貰えるってのも不思議だ。

3個目の実を入手。


・サンマロウ

素で泣きそうになってしまったw

駄目だよ私は幼女とか人形とかに弱いんだから…。

ドラクエ9の作りはドラクエ7に似てますよね。
単品シナリオの連続なのと重い話が続くのと。

ただドラクエ9は現時点では非常に楽しいわけで。

結局ドラクエ7の問題点はシナリオではなく
システムにあったんだろうな。

まあそんなこんなで4個目の実を入手。
ついでに船も手に入れました。(ついでかよ


・グビアナ城

次はどこに行ってもよさそうな雰囲気だったけど、
まあ一番近そうな大陸に上陸してみました。

そこは女王が治める砂漠の城。
しかし天空の兜はありませんでしたw

でまあ色々あって5個目の実を入手。
久しぶりに誰も死なないほのぼのイベントでしたね。

>人間は炎なんて吐かない

戦闘中さらさはもの凄い勢いで炎吹いてるんですけどw

と言おうと思ったけどよく考えたら
さらさも人間ではなかった。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

さらさがはいてる

  • by 名無しささら
  • 2009/07/14(Tue)02:11
  • Edit
メタルスライム狩りをしてみましたが、かなり出現率低いです。
大体2分歩き回って1匹出るか出ないかくらいでした。

10匹近く遭遇しましたが、すべて1匹ずつの出現でした。
これはRTAに結構響いてくるかと思います。



>さらさは人間じゃない

どちらにしろ火は吐きません。

無題

  • by 星空のさらさ
  • 2009/07/14(Tue)23:35
  • Edit
>メタル狩り

私はメタルはスルーしましたけど。

出現ポイントによって出てくるシンボルの
出現率が違うようなそうでもないような?

まあこの辺はいずれ解析されるでしょう。

メタル狩りよりも、強い(1回の戦闘に時間がかかる)のに
稼ぎの悪い敵をスルーできるのが大きいですね。

>火吹きさらさ

さらさを見るたびに私の恋の炎が燃え上がるので、
さらさはかなりの炎術の使い手だと思われます。

無題

  • by Red
  • 2009/07/15(Wed)14:11
  • Edit
サンマロウ北洞窟のメタルブラザーズは
同じ場所に3回連続で出たりしましたね
(たまたまかも知れないけど)

しかし
シンボルエンカウントになったせいで
戦闘に突入する以前に逃げられるのは困るw
メタル系はこっちに気付くと
あっという間に消えるからな…

無題

  • by メタルさらさ
  • 2009/07/17(Fri)01:48
  • Edit
ラスダン攻略の時は幾度となく
同じ道を通ることになりますけど、
敵の出現パターンは数通りしかない気がします。

偶然と言うよりは、乱数に偏りがあると言うべきなのかな。

>メタル系

戦闘前に逃げるは戦闘中に逃げるは、
今回のメタルは実に倒しにくいですw

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]