忍者ブログ

さらさ la 3rd

XBOX中心のゲームプレイ日記。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

麻雀格闘倶楽部7.77(1)

ポップンとは逆に、麻雀格闘倶楽部は頑張った。

どうせ少し違うだけの対局ルール部屋をひとつ作る、
それだけのアップデートだろ? と私は予想してたんですけど。

本当に想像を遥かに越えて頑張ったと思います。

そう言うゲームはやはりプレイしてあげたい。
と言うことでしばらくは新対局ルールの日記を書きたいと思います。

まあ一言でまとめると。

千里眼卓おもしれええええええ


・本日の成績



なんと言う平均的順位…。
まあ一応勝ちが先行したから良いですw

千里眼卓は事前の想像とはかなり違うゲームでした。

そして麻雀としてどうかは置いといても、
麻雀ゲームとしては素晴らしく面白かった。

それだけはまず書いておきたいと思います。

以下では千里眼卓ならではのポイントを
箇条書き風味に書いてみましょう。


・千里眼リーチ

これリーチ一発ツモ確定だよな? とか
だからリーチ入ったら鳴きか? とか

事前にそう言う想像をした方が多いかと思います。
2ch本スレでもそんな話題が出ていました。

しかし。ツモってそもそもそんなに出ないよね?

次がツモなら確定でリーチ一発が取れる。
と言ってもツモが来なければ何の意味もない。

なのでリーチ一発ツモって、千里眼卓では
そこまで猛威を振るうわけではありません。

体感で4割かな。リーチをかけた人が一発ツモで上がってくるのは。

と言うかこれ実はかなり読みきれます。

想像してみてください。

捨て牌2段目で延々とツモ切りを続けていた相手が、
捨て牌3段目になって突然ツモ切りリーチしたらどう思うかをw

あからさまなのは確実に鳴かれて止められます。

自然にテンパって次のツモが当たり牌だった。
そう言う場合はリーチ一発ツモ狙いも有りでしょうけど。

逆に言うとそれ以外は無理して狙う必要もないと思います。

どちらかと言うと点差の開いた下位が、
一発逆転を目指して狙うべき手になるかな。


・千里眼ダマ

そして千里眼卓は実はダマがかなり強い。
むしろリーチよりこっちが主力なのではないか。

二三四2346799④⑤⑥ ドラ七

こんな手で5-8待ち聴牌だったとします。

ここに六を引いてきた。
そして次のツモ牌がドラの七だった。

二三四2346799④⑤⑥六 6切り
二三四六234799④⑤⑥七 7切り
二三四六七234799④⑤⑥


本来ならドラ表示牌→ドラの危険牌2連打に
なる所が、千里眼だと待ちを変えるだけになります。

一手代わりとはよく言われますけど、
千里眼卓は二手代わりが普通に考えられる。

上の手牌だったら②③の二手代わり三色さえも
きちんと意識しておく必要があります。

同じ中張牌を二連続でツモれるなら
9の対子落としでタンヤオにも手代わりします。

とにかく手が柔軟に動き回るので、
手を固定するリーチは逆に不利になる。


・千里眼鳴き

そして鳴き。これも千里眼卓では重要です。
だって次のツモ牌変えられるんだから。

一番分かりやすいのが染め手です。

千里眼卓は染め手が非常に多い。
昨日だけで混一色10回は見せられましたw

この一ポンしようか。この二チーしようか。

鳴こうかどうか迷う局面と言うのは、
染め手の場合少なからずありますよね。

この時次のツモが染めている色だったら。
誰だって鳴きません。ツモを待ちます。

次のツモが染めていない色だったら。
と言うか赤5とか、捨てちゃうと確実に
染め手であることが気付かれる場合であれば。

今度は鳴いてツモ牌を変えてみたい。

これを毎回考えられる染め手は非常に有利です。

そして結果としてツモ牌で染め色が集められるので、
染め手であろうが1鳴きで普通に聴牌してたりします。

と言うかメンホンメンチンさえありえます。

とにかく早いので、数牌を1鳴きされた場合は
タンヤオと同時に染め手も疑うことw


別に染め手に限らず、鳴いて次のツモ牌を変える
と言うのは千里眼卓の基本的打ち方です。

46のある19→オタ風→字牌
と言うのが一般的な序盤の牌効率ですけど。

千里眼卓では
次のツモ牌が必要→19牌
次のツモ牌が不要→字牌

こう切っていくべきです。これが千里眼牌効率です。

次のツモ牌が必要なら鳴かれる可能性を減らしたい。
次のツモ牌が不要なら鳴かれる可能性を増やしたい。

実際にやってみるとこれは想像以上に効率が増します。
平均1~2順は聴牌速度が早くなる。

特に千里眼卓だと字牌は1鳴きされやすいので、尚更です。

なぜ千里眼卓だと字牌は1鳴きなのか。

お、次のツモがドラ! ドラ対子になるぜ!
あ、2枚目の發だ、ここは鳴いて役牌ドラ2…
あああ鳴いたらドラ来ない鳴かなかったら役がないいい


と言う経験を一度でもするとよく分かると思いますw

鳴かないでツモ牌を変えないと言うのも千里眼卓では重要なので、
鳴いても問題ない時はさっさと鳴く方が良い。


・千里眼七対子

これも千里眼卓ならではなので触れておきます。

冷静に考えて見ると当たり前なんですけど、
七対子の聴牌はツモなら常に2面待ちになります。

待ち牌とツモって来た牌。
次の来るツモがどちらの牌でも上がれますw

と言うか単騎待ちが強いんですよね。
本来の待ちとツモった牌の待ち、両方があるから。

だから七対子は常にツモの+1牌分待ちが余分にあるので。
聴牌速度が異常に早くなります。まさに僧我三威。

そして一番大きいのが"ツモなら"と言うところ。

リーチツモ七対子ドラドラ。

いわゆる一番楽にハネ満を作れる手であり、
そんな都合よくツモれねえよと呼ばれる手でもあります。

千里眼卓なら都合よくツモれます。

だってロン上がり状態では単騎待ちだけど、
ツモ上がり状態では2面待ちなんだから。

七対子は本当にお勧め。強い。

待ち牌を常にころころと変えていけば、
一発リーチ狙いの臭いも消せます。


以上が個人的千里眼麻雀のポイントかな。

以下は私が本日遭遇した
千里眼麻雀ならではの面白打ち筋。

・千里眼嵌張落とし

いきなり68から8を落とす。
次の順目で5をツモる。

・千里眼回し打ち

リーチが入ったので456から現物の5を落とす。
次の順目で5をツモる。

・千里眼リーチ一発ハイテイツモ

決まった時は気分良かったw

・万里眼リーチ

ツモ切りを続けた後別に次のツモでも上がれないのに
脅し目的でいきなりリーチをかけてみる。

案の定無理鳴きしてくれた。よし。

って、次のツモ牌が当たり牌になったんだけどw
どこの爆岡だ。

・千里眼後付

東3局 北家 5順目
一二三七七345899北北


トップ目なので安めで流したい。
北を鳴いてとりあえず聴牌取るかな…。

ツモの関係で1鳴きができなかったので、
次北が出たら確実に鳴いておきたい。

と思っていたら、次のツモが北。
これは美味しい。

とその時、9が切られる。
う~ん、一手早ければここで上がれたのに。

ん? 待てよ。つまり…

一二三七七345北北 ポン999 8切り

ポンしたらこの状態。
そして最後の北は他家がツモる。

5順目で一枚切れの北を止められる人がいるだろうか?

と言うことで勢いよくポン。
そして流れた北を他家が捨て、それをロン。

なしなしな私の信念を崩してますけどw
これは美しい後付上がりではないかと思いました。


ただこれプレイヤーが千里眼卓に慣れてきたら。
この北を止められる人もいるかもしれません。

しばらく迷った後に9をポンした。

即ちポンした相手の次のツモ牌は、
その相手にとって有用なものであった可能性がある。

その相手のツモ牌は相手の風である北だった。
9ポンの時点でタンヤオはありえない。

役牌か、染め手。

ここまでは頑張れば読み切れると思います。
そう言う意味では開始初日だからこそ通用した打ち筋、と呼ぶべきか。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プレイ予定作品

12/10 三国志13
12/17 Fallout4

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

twitter

Copyright ©  -- さらさ la 3rd --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]